FC2ブログ

映画雑誌「南海」 NANKAI the movie magazine

二人の俳優がいない『エクソシスト3』ディレクターズ・カット版


 昨年、『エクソシスト3』(1990年、ウィリアム・ピーター・ブラッティ監督)のコレクターズ版ブルーレイがリリースされた(米 Shout! Factoryより)。そのなかに、『エクソシスト3』のディレクターズ・カット版が収録されている。これが初公開だったようだ。
 『エクソシスト3』といえば、おばあちゃんが大きなハサミで女の子の首をちょん切ろうとしたり、悪魔と対決する神父の皮膚がメリメリと剥がれるシーンが癖になり、幼いころに何度となくVHSをレンタルして見た。大好きな映画だ。
 物語は、『エクソシスト』の15年後から始まる。ジョージタウンの教会周辺で、猟奇的な連続殺人事件が起こる。キンダーマン刑事(ジョージ・C・スコット)は、その手口が、かつての双子座殺人事件と酷似していることに気づく。しかし、その犯人はすでに死んだはずだった。ある精神病患者(ブラッド・ドゥーリフ)が、自らが双子座殺人事件の犯人だと主張していることを知ったキンダーマン刑事は、その男と面会し驚愕する。男はなんと、階段から落ちて死んだ親友カラス神父(ジェイソン・ミラー)とそっくりだったのだ。そして、その男が部屋から一歩も外に出ないにもかかわらず被害者は増えつづけ、ついにキンダーマン刑事の家族にまで魔の手がのびる……。

 『エクソシスト3』のディレクターズ・カット版は、結論からいえば、驚きの内容だった。
 『The Exorcist III』でなく『Legion』と題されたこのディレクターズ・カット版には、劇場公開版に出演している俳優が、2人、出てこなかった。その2人とは、ジェイソン・ミラーとニコル・ウィリアムソンだ。ジェイソン・ミラーは、物語の核となるカラス神父を演じており、ニコル・ウィリアムソンは、あの迫力のクライマックスにおける主役、モーニング神父である。では、『Legion』にはカラス神父が登場しないのかといえばそうではなく、なんとブラッド・ドゥーリフが演じている。一方、モーニング神父は登場せず、あのクライマックスは存在しなかった。

 ブラッド・ドゥーリフがカラス神父を演じているとなると、双子座殺人犯は、いったい誰が演じているのか。劇場公開版を知っていれば、疑問に思うだろう。それを説明するには、両バージョンにおいて、カラス神父と双子座殺人犯がどのような設定になっているのかを解説しなければならない。複雑だが、こういうことになっている。
 劇場公開版では、双子座殺人犯(ブラッド・ドゥーリフ)の体を、悪魔がとり憑いたカラス神父(ジェイソン・ミラー)の霊がのっとっている。
 『Legion』では、悪魔がとり憑いたカラス神父(ブラッド・ドゥーリフ)が、双子座殺人犯の正体である。つまりブラッド・ドゥーリフがカラス神父であり、双子座殺人犯でもある。
 もしかしたら、別の人が見れば、また別の解釈があるのかもしれないが、一応、このように捉えることはできると思う。
 
 『Legion』の序盤、キンダーマン刑事とダイアー神父(エド・フレンダーズ)がカフェで会話するシーン。カラス神父の話題になり、ブラッド・ドゥーリフが神父たちとにこやかに写っている記念写真が映る。『エクソシスト』でジェイソン・ミラーが演じたカラス神父を、今回はドゥーリフが演じている。そのことを観客に示すカットでもあると思う。しかし、劇場公開版と同じ設定のつもりで見始めたわたしは、この写真がなにを示しているのかわからず、戸惑った。(双子座殺人犯と神父たちが記念写真に収まっているとは、どういうことなんだろう。双子座殺人犯はかつて神父だったという、ディレクターズ・カット版オリジナルの設定なのか……。)
 その後、物語が進んでもジェイソン・ミラーが登場せず不審に思っていると、ドゥーリフと面会中のキンダーマン刑事が、パニック寸前にまで感情を爆発させ、こんな台詞を叫ぶ。
「どうしてもおまえがカラスに見える!」
 ここでようやくわかった。この映画では、ドゥーリフがカラス神父を演じているのだと。
 われながら鈍感だなぁと思う。あるいは劇場公開版を知っていることの弊害なのだろうか。
 これと反対に、劇場公開版では、ドゥーリフが双子座殺人犯であることを観客に示すために、双子座殺人犯の捜査資料として、ドゥーリフの顔写真が示される。

 コレクターズ版には特典として、撮影されながら、最終的には使われなかったシーンが収録されている。そこには、カラス神父が階段を激しく転げ落ちる場面(『エクソシスト』で描かれたシーン。新たに撮影されている)と、その直後が描かれている。手術室で手当てを受けるが、その処置も虚しく絶命するカラス神父。それをキンダーマン刑事が看取る。カラス神父を演じるのは、ブラッド・ドゥーリフだ。
 説明的なシーンで、これを切ったのは正解だったと思う。ただ、『Legion』の冒頭にこのシーンが挿入されていれば、今回カラス神父を演じているのがジェイソン・ミラーでなく、ブラッド・ドゥーリフであるということを、ハッキリと理解できただろう。

 続編において、俳優が交代するということは珍しいことではない。しかし『Legion』においては、そのことが複雑な事態を招いているように思える。
 先述したようにキンダーマン刑事は、自らが双子座殺人犯だと名のる人物が、死んだはずのカラス神父に酷似することに苦悩し、絶叫さえする。その描写に説得力が感じられないのだ。わたしには、『エクソシスト』でジェイソン・ミラーが演じたカラス神父が強く印象に残っている。自称双子座殺人犯がジェイソン・ミラーの顔をしていないかぎり、その男がカラス神父に見えてしまうというキンダーマン刑事に、共感することができない。
 劇場公開版は、この難点に対して適切に処方した結果だと見える。しかしジェイソン・ミラーを出演させられるのであれば、なぜ最初からそうしなかったのだろう。また、ジェイソン・ミラーの出演が叶ったからといって、プロデューサーの悩みがすべて解決したかといえば、そうではなかっただろう。こんどはブラッド・ドゥーリフの処遇が問題になったはずだ。このあたりの疑問については、『謎の映画』(2017年、洋泉社)で岡本敦史さんが答えている(「『エクソシスト3』の真実」)。

 映画において、同じ登場人物を別の俳優が演じるのはとても奇妙なことに思えるし、好奇心を掻き立てられる。
 たとえば『インクレディブル・ハルク』(2008年)でエドワード・ノートンが演じた主人公ブルース・バナーが、その(ユニバース上の)続編『アベンジャーズ』(2012年)でマーク・ラファロに演じられていても、観客は、どちらも同一人物=ブルース・バナーとみなす。マーク・ラファロがエドワード・ノートンと似ても似つかないことは作り手も観客も百も承知だが、マーク・ラファロがブルース・バナーだということは、いわば暗黙の了解だ。ましてや、劇中のほかの登場人物が、ブルース・バナーがほんとうにブルース・バナーであるのかどうか、などと疑うことは、当然ながら、ない。
 しかし『Legion』の場合はどうだろう。ブラッド・ドゥーリフは自らが双子座殺人犯だと名のるが、キンダーマン刑事には、ドゥーリフがカラス神父に見える。「ドゥーリフは何者なのか」が劇中で問題になっているのだ。そして観客には、ドゥーリフがカラス神父に見えない。そうなると、俳優の交代が、たんなる「映画のお約束」で済まなくなってくる。ふつうは「なかったこと」にされ、あえて話題にすることすら避けられるはずの俳優の交代が、観客の意識の前面にせり出してくる。映画の内と外の境界線上で、ざわめきが起こる。『Legion』で起こっているのは、そうした事態ではないだろうか。

 劇場公開版のクライマックスが『Legion』にはない、という大問題については、前掲の論考で岡本敦史さんが詳しく書かれているので、ぜひお読みください。
  1. 2017/03/26(日) 20:40:31|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

『本の雑誌』2017年1月号で『南海』が紹介されました

『本の雑誌』2017年1月号で、映画雑誌『南海』が紹介されました。原カントさんの「あれこれ雑誌放談」です。1ページまるごと使って、『南海』を推してくださっています。原さん、ありがとうございます。
ひとつ誤植を訂正。ビデオ屋さん閉店作業レポートの「小林裕司」、正しくは「小坂裕司」さんです。みなさんご存知ですよね、ビデオ博物館の小坂さんです。
  1. 2016/12/15(木) 13:06:05|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

『BRUTUS』2016年12月1日号にテニスコート吉田正幸さんとの対談が載ります。


『BRUTUS』2016年12月1日号「ハズレ知らずの映画選び」に、
テニスコート吉田正幸さんとの対談が載ります。
続編映画の魅力について、自由に語らせていただきました。
http://magazineworld.jp/brutus/

この号ではじめて映画雑誌『南海』を知る方が多いと思います。
『南海』はインディペンデントの映画雑誌です。
VHSをひとつの大きなテーマとして、現在までに3号を発行しています。
これまでの特集は、
第1号=VHSの現在(いま)
第2号=家で映画を観ること 名画座としてのビデオソフト・レーベル
第3号=続編大爆発
です。

販売店は限られています。以下に列挙します。

東京
ディスクユニオンシネマ館(新宿)
ビデオマーケット(新宿)
模索舎(新宿)
タコシェ(中野ブロードウェイ内)
アップリンク(渋谷)
古書ビビビ(下北沢)
B&B(下北沢)
BOOKS9(渋谷ユーロスペースと同じ建物内)

京都
誠光社(河原町丸太町)
ホホホ座(下京区)

大阪
rare(大阪市西区)
シカク(大阪市北区)
シネマG(大阪市北区)

名古屋
シネマスコーレ(名古屋市)

ウエブ
たいむましんストア(ウェブ) https://tmstore.thebase.in
Kプラス(ウェブ) http://k-plus.biz


バックナンバーは在庫僅少ですが、第3号はまだ置いてあるお店もあるはずです。
お求めの際は、あらかじめ各店舗に在庫状況をお確かめください。
ちなみに、Kプラスにはバックナンバーの在庫があります。

お問い合わせは lowbudget@live.jp(代表・桜井)までどうぞ。
  1. 2016/12/01(木) 00:20:57|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

『見世物 6号』デザインしました。


この土日(2016年11月5日、6日)は大阪に行ってきました。
目的は見世物学会の総会。
怪しい響きですが、実際に怪しいです。
わたしには、とても居心地のいい集いでした。

わたし自身は見世物学会の会員ではありませんが、
学会誌『見世物 6号』(新宿書房)のデザインをやらせていただいた縁で、
今回の参加となりました。

この学会誌は、4回分=4年分の総会の記録を掲載しています。
総会といっても、メインは講演や放談会。
この4年間の主なキーワードを挙げれば、

見世物小屋の未来
追悼 山口昌男、種村季弘、小沢昭一
生(いき)人形
オートバイサーカス
会田誠と佐伯俊男
土方巽の暗黒舞踏
寺山修司と天井棧敷
......などなど、盛りだくさんの内容です。

そのほかに論考も収録されていて、
わたしが特にお薦めしたいのが、後藤護さんの論考
「「スペクタクル」としての畸形 及びセックス・ピストルズの闘争/逃走術について」です。
フリークスをスペクタクルというキーワードで論じ、
さらにセックス・ピストルズのフリークス性を論じる......と、わたしが説明するのには能力的に無理がありますが、
とにかくおもしろい。
イアン・デューリーの名前がさらっと出てくるあたりに、非常に共感をおぼえます。


わたしは本のデザインが専門なので、
普段からいろいろな本に携わっていますが、
この『見世物 6号』は特別な一冊となりました。
なぜなら、はじめて「『南海』編集人」という肩書でデザインしたから。
それまで、デザインの仕事と『南海』の仕事は分けて考えていましたが、
これを機に、その二つを同一化させていこうかな、と考えています。

日曜日に行ったみんぱくの「見世物大博覧会」もとても充実していました。
見世物を展示するとなれば、当然、ビラやポスター、絵看板などを展示することになるわけで、
見世物にまつわるグラフィックの大博覧会でもありました。
「電気人間」などの絵看板の実物を初めて見て、感動しました。
あと、多いのが、版画によるビラの類ですが、
これがまた元気で勢いのあるグラフィックデザイン。
とにかくたくさんの客に来てもらいたいぜという気持ちがビシビシ伝わってきます。

大阪の街の魅力もあり、とても新鮮な感動をおぼえる土日となりました。


『見世物 6号』新宿書房、2016年
  1. 2016/11/08(火) 01:52:13|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

トークイベントは無事終了。


10月23日のイベント「狂人たちの映画カタログ」にお越しいただいた皆さん、
どうもありがとうございました。

ナマニクさんのトランペット殺人やオレンジマン、
岡本敦史さんのアジアン残虐映画、
涌井次郎さんのネクロストーム、
ミヤジーさんの8mmホラー、
どれもわたしは知らないものばかり。
壇上にいながら、映像に見入ってしまいました。
司会の多田遠志さんは、
それぞれバラバラな趣向のテーマにもかかわらず、
なにが来てもOKという感じの名司会ぶり。
わたしもとても助けられました。

わたしは「1990年代のロジャー・コーマン」をやりました。
結論めいたことが言えなかったのが心残りですが、
わたしなりのロジャー・コーマンへのリスペクト表明、
その第一歩ということで、やってよかったと思います。
会場限定で『南海』の特別号を配布しました。
もちろん、内容はロジャー・コーマン。
A5判8ページのかんたんなものですが、ここでしか手に入らないもの。
来てくれたかたへのお土産でもあります。

さて、おかげさまでいろいろと声をかけていただいている『南海』です。
12月は、また別の雑誌に登場予定。お楽しみに。

  1. 2016/10/26(水) 01:27:00|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ

映画雑誌「南海」とは……

nankaivhs

Author:nankaivhs
リトルプレスの映画雑誌です。 「南海」はVHSのある暮らしを提案します。

第3号発売中。特集=続編大爆発 [販売店拡大中 2017.3.26現在] ディスクユニオンシネマ館(東京・新宿) ビデオマーケット(東京・新宿) タコシェ(東京・中野) rare(大阪・大阪市西区) アップリンク(東京・渋谷) 古書ビビビ(東京・下北沢) 模索舎(東京・新宿) 誠光社(京都・河原町丸太町) ホホホ座(京都・左京区) シカク(大阪市・北区) シネマG(大阪市・北区) シネマスコーレ(名古屋市) たいむましんストア(ウェブ) B&B(東京・下北沢) BOOKS9(東京・渋谷) Kプラス(ウェブ) [お問い合わせ]lowbudget@live.jp(代表・桜井)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (30)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する