FC2ブログ

映画雑誌「南海」 NANKAI the movie magazine

三國連太郎特集『白い粉の恐怖』


ラピュタ阿佐ヶ谷の三國連太郎特集で、『白い粉の恐怖』(1960)を見た。
監督は村山新治。共演は中原ひとみ、今井俊二、岩崎加根子など。

今年のはじめからずっと、村山新治監督の本にかかわっている。
村山監督は戦中から記録映画にかかわっていたが、
劇映画の監督としては1957(昭和32)年の『警視庁物語 上野発五時三五分』でデビューした。
この作品で「警視庁物語」を人気シリーズに押し上げた功績が大きい。
しかし、それ以外にこれといった有名作品がない。
それゆえ、村山新治監督作品は、なかなかソフト化されず、
いざ本を作るとき、作品を見ることができない。

『白い粉の恐怖』もそんな、未ソフト化の一本で、今回は貴重な機会といえる。
麻薬捜査官の三國を主人公に、おとり捜査による密売者の摘発を描く。
中原ひとみが麻薬中毒の売春婦を演じている。
「警視庁物語」とはまったくカラーが異なるが、
「捜査もの」ということで、村山新治監督がこの作品を任されたのだろうか。
たんたんとした描写が、村山新治監督らしいところだと感じる。

しかし今やこの映画の魅力は、当時の新宿が記録されているところにある。
東口の歌舞伎町から西口のマーケットまで、しっかりと写っている。映画館も写っている。
なんと活気のあることだろう。
「警視庁物語」が、低予算ゆえかロケ撮影が多く、やはり当時の東京をよく記録している。
村山監督は、意図せずに東京のドキュメントを残してしまったといえる。

村山監督の初期作には、三國連太郎主演のものがあと3本ある。
『七つの弾丸』(59)、『東京アンタッチャブル』(62)、『無法松の一生』(63)だが、
そのすべてが、今回、ラピュタ阿佐ヶ谷でかかる。
とくに『無法松の一生』は、ソフトでも配信でも見ることができず、
非常に貴重な上映となる。
スポンサーサイト



  1. 2017/09/22(金) 08:12:36|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

映画雑誌「南海」とは……

nankaivhs

Author:nankaivhs
リトルプレスの映画雑誌です。 「南海」はVHSのある暮らしを提案します。

第3号発売中。特集=続編大爆発 [販売店拡大中 2017.3.26現在] ディスクユニオンシネマ館(東京・新宿) ビデオマーケット(東京・新宿) タコシェ(東京・中野) rare(大阪・大阪市西区) アップリンク(東京・渋谷) 古書ビビビ(東京・下北沢) 模索舎(東京・新宿) 誠光社(京都・河原町丸太町) ホホホ座(京都・左京区) シカク(大阪市・北区) シネマG(大阪市・北区) シネマスコーレ(名古屋市) たいむましんストア(ウェブ) B&B(東京・下北沢) BOOKS9(東京・渋谷) Kプラス(ウェブ) [お問い合わせ]lowbudget@live.jp(代表・桜井)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (30)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する